2008年09月02日

2008・夏の雑感

<その後の北京五輪>
参考=http://harumaki-l.seesaa.net/article/104526329.html
今更かもしれないが、ソフトボール代表の戦いぶりは素晴らしかったです。ラジオ使って音だけで観戦してましたが、北島の2冠以上に価値のある金だと思います。

<月末の雷雨>
あっちこっちで鳴りまくり、降りまくり、落ちまくり。ヤフーのチーム森田ブログや、
http://blogs.yahoo.co.jp/wth_map
東京電力の雷情報など、
http://thunder.tepco.co.jp/
それまで見ないところでしょっちゅうチェックしてました。ネットのモデムとかは雷に弱いらしいので、それが近づくとコンセントをはずしてるんですが、それを頻繁にやってた気がします。

<不動産会社の相次ぐ倒産>
最近多いですね。中でも目黒のホテル“クラスカ”で有名な都市デザインシステムがつぶれたのは残念だと思いました。以前不動産関係のウェブサイトでお手伝いをさせてもらったことがあるのだが、彼らにとっても厳しいかもしれません。肌身で感じます。

<24時間テレビ>
この番組の放送が終わると、夏の終わりを感じるのが常です。五輪もあったので、今年は実に28年ぶりとなる、8月最終週かつ末日のオンエア(出所:ウィキペディア)。
http://ja.wikipedia.org/wiki/24%E6%99%82%E9%96%93%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93_%E3%80%8C%E6%84%9B%E3%81%AF%E5%9C%B0%E7%90%83%E3%82%92%E6%95%91%E3%81%86%E3%80%8D

以前から、募金するだけというスタンスを取ってます(前日、市内の某日産ディーラーで募金してきた)。今回も見たのは昼間に出かけた与野イオンの家電セールで流してるの(と思しきもの)と、最後のサライだけ。エドはるみさんのマラソンについては、あれだけの長距離かつ天候不順のさなかでよく走りきった、それだけです。

批判があるのは知ってるし、番組を全部見ているわけでもないので一概に言えない部分もありますが、前記の天候不順や最近の資源・食糧問題もあって、今回ほど“愛は地球を救う”というタイトルからくる印象と番組内容のギャップを感じた回はありませんでした。そこではるまき流24時間テレビ改革案。

*今の内容を続けるなら、放送時間は半分にする。
*5月の日テレエコウィーク時に特番が組まれましたが、その内容を24時間テレビに統合。
*チャレンジものよりもドキュメンタリー中心にする。
*武道館ではなく日テレスタジオからの放送に変更。武道館を使う場合はグリーン電力ですべて賄う。
*広告収入の一部をチャリティーに回す。

…もう武道館でお涙ちょうだいショーをやってる場合ではないような気がするんです。どうでもいいが、番組最後の最後で入る提供スーパー、個人的には最後のCMが終わった後の方が好みです。そしてこれもどうでもいいのだが、今回の放送でようやく気づきました。24時間テレビは“サライ”で終わるのではなく、

徳光さんの喋りで終わるものなのだということに。

…こうして夏は徳光さんと共に過ぎて行ったのです(笑)。

<福田総理辞任>
その翌日に入ってきたニュースがこれ。一言だけ言います。また交代ですか?


posted by はるまき at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。