2008年11月11日

田母神論文問題

基本的には(現実的)反戦・反核で、ニュースで聞いただけですが、田母神氏の言うとおり、先の戦争で起こったことは必ずしも悪いことばかりではなく、そういう出来事があったのも事実。だけど今回の場合は立場とやり方が問題と思われ。日経BPのコラムに寄せられたコメントでもいろんな意見がありますが、
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/y/133/
僕らが知らないところでどんどん物事が進んでいく様は、食品偽装問題や姉歯事件と根が一緒のような気がします。機会があれば論文を全部読んでみたいし、他にもいろいろ考えたりするんですが、これ、たぶん来年になるであろう今度の総選挙時の参考にします。


ラベル:戦争 論文
posted by はるまき at 23:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アパグループのHPからダウンロードして読めますよ
http://www.apa.co.jp/book_report/index.html
Posted by 末期ぃ at 2008年11月12日 03:15
>末期ぃさん、知ってますよ。時間があったら一度読んでみます。
Posted by はるまき at 2008年11月12日 22:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。