2009年01月25日

医薬品のネット販売を認めるべきか否か

ヤフーや楽天から販売規制反対の署名をお願いしますと来ていて、管理人も反対署名をしましたが、条件つきならネット販売を認めていいと思います。

1:販売業者に薬剤師の配置を義務付け(当然社員)、ホームページ上への掲載、あるいはチャット・メールなどを用いて、副作用等の説明など、十分かつ的確なアドバイスを薬剤師が購入者に行う。

2:第1類・指定第2類医薬品は対象からはずす(一例として、発毛剤のリアップやH2ブロッカー胃腸薬など)。

管理人のような都会住まいの人間にとっては、ドラッグストアがあちこちにあるのでそこまで行けばすむゆえ、そんなの関係ないと思うのだが、地方ではドラッグストアが無いとか遠いという場所もあるらしい。
いろんな意見を聞いていると、薬剤師の立場というのが焦点で、同時に都会と地方の格差の問題でもあるなと思います。とはいうものの、

>お手軽お気軽になるのは多くの事柄において好ましいが、医療についてもそれで良いとお考えだろうか。そもそも薬なんて可能ならば服用しない方が良いのだし、やむを得ず服用する時にはスペシャリストの処方に従った方が良い。
http://e70.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-d1a6.html(“E70 Rulez”さん)

という意見もよくわかります。理想と現実のバランスを考えると、このあたりが落としどころのような(注:あくまで管理人の考え方ですので、参考程度に留めて下さい)。対面販売でなきゃダメだというのなら、電話一本で購入者の元に出向いて説明する、というのもありだとは思うんですが。
posted by はるまき at 20:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

なるほど僕は楽天だけかと思ったらヤフーも署名運動しているんですかね。最も通販はヤフーもやっていますね。

ホント何故医薬品の規制を通販でやるのかわかりませんね、医薬品の通販で利便制を感じている方がおおくいるのにそれがわからないんですかね。

此れだけ通販が普及している時代に何故規制をするのかわかりませんよね、
それと確かに都会と地方の違いはあると思いますね。
Posted by 俊介 at 2009年05月05日 08:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。