2007年12月24日

ソニー・ムービー・ワークス2007

ソニーの社会貢献活動の一環として、高校生を対象にショートフィルム作りのサポートを通して、想像力育成を目指すこのプロジェクト。上映会会場ではなくなったとはいえ、引き続きSKIPシティが協力してます。で、おととい上映会があったので品川のソニー本社まで行ってきました。

品川駅東口に去年完成したソニー新本社。ちなみに今年のグッドデザイン賞も受賞

品川駅東口に出て、駅前のすき家で腹ごしらえをした後、そこからすぐのところに去年秋に完成した本社ビル“ソニーシティ”があります。その2階に大きな会議室があって、ここが今回の会場。SKIPシティのホールとは比べ物にならない広さ(当たり前か)で、可動式の客席も用意(引き出して使っていた)。今回は一般客や参加した学校関係者に加えてプレス関係の席も用意されてました。

午後1時の予定より12分ほど遅れてスタート。まずは中鉢(ちゅうばち)社長やプログラムディレクターなどの挨拶から。中鉢社長の挨拶を聞いてて思うに「社長も言葉に詰まるときがある」(おい)。面接などかしこまった時にそういう経験があるので一安心しました(おいおい)。その後今回参加した10の高校の生徒たちが入場してきて、彼らが作ったムービーの上映と相成るわけで。

今回のテーマは“Color”。その中で頭ひとつ抜きん出ていたと思ったのが、昭和学院秀英高校の『君をPICK OUT!!』。主人公の女の子は大好きな男の子の追っかけ趣味があるのだけど(これをストーカーと言う)、その彼が実は部活の男の先輩に思いを寄せていて(“男の”ここポイントです)、先輩への告白を応援すべく女の子が奮闘する…というストーリー。

会場からはドッと笑い声が聞こえましたけど、審査員として来ていた井筒和幸監督が性同一性障害のことをよく知っているらしくて、「笑わないで深刻に見ていた」と言っていました。一方作り手サイドは“多様な価値観(=Color)を受け入れる事”を題材にしたとの事で、それがダイレクトに伝わってきたのがこの作品でした。それに、主人公2人のキャラも立ってましたし(笑)。結局これが今年のテーマ賞受賞作となりました。

他の作品も楽しめたり考えさせられたりいろいろありましたが、もうひとつ気になったのが『色鬼』(湘南白百合学園高校・特別賞受賞)。演劇部にいながら演技力のない女子生徒が色鬼に出会うことでその力で演技がうまくなるというもの。これも客席の後ろのほうから笑い声がしましたけど、後半になるとこれが一変していまいます。ネタばれになるのでここではこれ以上書きませんが、終盤で色鬼の発した言葉が頭にこびりついてしばらく離れそうにありません(笑)。

過去の作品はすべてSKIPシティのサイトで見られるようになっています(SMWサイトからもリンクあり)。今回の分も追って追加されると思いますが、今後もブログ上でこのプロジェクトを応援していくつもりです。

話は全然変わりますけど、すき家では60円プラスで青ねぎがトッピングできるんですね。五目あんかけ丼の上にたっぷりかけて食べましたけど、体が温まると言いますのでこれからの季節にいいかもしれません。

ねぎをたっぷりのせたあんかけ丼

<関連リンク>
*ソニーのCSR活動
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/Environment/ForTheNextGeneration/social/index.html
*ソニー・ムービー・ワークス
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/Environment/ForTheNextGeneration/social/movieworks/index.html
*SKIPシティ http://www.skipcity.jp
*全国ベスト10に入選 龍野高制作の10分映画(神戸新聞・2007年12月20日)
http://www.kobe-np.co.jp/news/seiban/0000776948.shtml
*KY、恋愛…等身大の思い撮影 高校生10組が短編映画(アサヒコム・2007年12月10日)
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200712100024.html
*ソニー本社の様子(PCウオッチ・パソコン業界東奔西走。2007年4月24日)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/0424/gyokai202.htm


posted by はるまき at 00:25| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、検索してたらたどり着きました。
KYを制作した班の鳥羽です。
面接の時にスキップシティの「えとさん」
という方とお会いしたことを
今でも鮮明に覚えています。

ムービーワークスの記事を見つけて
うれしくなってコメントしてしまいました。
Posted by とば at 2007年12月27日 16:24
こんばんは、管理人です。中央大付属高校“空気読めない”の方ですね。ムービーワークスお疲れ様でした。今回の体験を通して多くのことを学んだのではないかと思います。
“KY”を拝見して、管理人もちょっと考えさせられるものがありました。ところで、とば君は自分たちの作品以外でどれが印象に残りましたか?
Posted by はるまき@管理人 at 2007年12月28日 23:49
はじめまして。
色鬼を製作(&出演)した者です。
映像製作自体が初めてで上手くいかない事も多く苦労したので、記事に取り上げていただき本当に嬉しいです。
ありがとうございます。

(ちなみに、私も検索して記事を見つけて嬉しくなって書き込みをしてしまいました。)
Posted by 色鬼製作関係者 at 2008年01月05日 17:16
管理人です。コメントありがとうございます。色鬼を演じた演劇部の部長さん、グッジョブでした。最後に色鬼が発したセリフ、2週間たった今も頭から離れません(笑)。部長および他の部員さんにもよろしくお伝え下さい。
Posted by はるまき@管理人 at 2008年01月05日 21:56
ありがとうございます♪
お伝えしておきます(^U^)
Posted by 色鬼製作関係者 at 2008年01月06日 20:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。