2006年12月30日

クリスマスイブの一日

遅くなりましたが、先週の日曜日に横浜のイケア港北に行ってきました。船橋には何度か行ってるんですが、こっちも気になっていたので。その後渋谷から表参道へ。

続きを読む
posted by はるまき at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

SC探訪記:イオンモールむさし村山ミュー篇(2008-9-28改題と追記あり)

3日の日曜日、今度は武蔵村山のダイヤモンドシティ・ミュー(現:イオンモールむさし村山ミュー)に行ってきました。高田馬場から西武線の普通電車を乗り継いで、武蔵砂川駅に着いたのは午後1時前。
武蔵砂川駅続きを読む
posted by はるまき at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

SC探訪記:ミエルかわぐち篇

1日にオープンしたダイエー跡地のミエルかわぐち、早速行って来ました。
ミエルかわぐち外観 3階にはヤマダ電機が 2階にはファーストリテイリングの新ブランド“ジーユー”も
3階から順番にさーっと見て回って、最後に1階のドラッグストアで寝ぐせ直しウォーターを買ってきました。個人的にはヤマダ、ジーユー、ヤオコー、それからドラッグストアによく寄るかもしれない…
posted by はるまき at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

SC探訪記:ららぽーと柏の葉篇

♪ららぽ ららぽ 柏にららぽ
 ららぽ ららぽ 柏にららぽーとやって来た
 ららぽ 柏に 柏に ららぽーと♪
 (『たらこ たらこ たらこ』のメロディで)

先日、ららぽーと柏の葉に行ってきました。こーゆーとこ行くの、結構好きなんですよ。六町駅まで自転車で移動し、そこからつくばエクスプレスの普通電車で6つ目。この間17分、普通でも平気で時速125キロ出してます。そして柏の葉キャンパス駅を降りて目の前に、目指すそれはありました。
六町駅 ららぽーと外観
入って最初に向かったのが、3階のフードコート。そこで食べたのは、フードコートでは珍しいお餅。680円で汁物+いくつかある中から2品、の組み合わせで、今回選んだのは、きな粉とからみ(大根おろし)。
お餅2皿と汁物で680円 中の様子
食べた後は中を一回り。4階に屋上庭園があるのだけど、イベント準備とやらで中に入れずじまい。ゲーセンとかフランフランフランやアクタスといったインテリア系とかNEXTなどの興味あるショップを回って出てきました。この間、頭の中でよく流れてたのが冒頭の替え歌。10月にオープンした豊洲のららぽーとにも行ってますけど、その時と同じでした。

で、その近くに“UDCK”という大きなサインの建物があるので、電車に乗る前にちょっと寄ってみました。アーバンデザインセンターという施設で、これから行政や大学や住民や企業がコラボって新しい街づくりを行っていくそう。ちょっと興味あるな…。そしてそこでもらった資料で初めて知った事。ららぽーとの屋上庭園のイベントというのが、午後4時半からあそこで光のアートをやってたんだって。そしてUDCKの横にあったこのツリー。
サンフラワータワー
資料をよくよく見たら、中に入る事ができたそうです。あーちょっと損した…。ちなみにこの2つは街開きイベントの出店物と、同じ資料に書いてありました(“サンフラワータワー”と呼ばれるツリーは、来年2月末まで見られます)。

≪関連リンク≫
*ららぽーと柏の葉 http://kashiwa.lalaport.jp
*柏の葉アーバンデザインセンター http://www.udck.jp
posted by はるまき at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

3つ目のブログを作りました。

タイトルは“Think 武蔵野・多摩”です。
http://sekidobashi.seesaa.net
映画『耳をすませば』公開10周年を機に構想を暖めてたもので、2010年ごろまでのんびりと(?)多摩・府中近辺をネタにした記事を発信していきますので、興味があればどうぞ。
posted by はるまき at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

ここ1週間のもろもろ

※22日に行ってきました、ソニー・ムービー・ワークスの上映会(@スキップシティ)へ。今年のテーマは“ゴール”でしたが、神奈川県立川和高校の作品が一番テーマに沿ってたと、僕も思いました。個人的には中央大付属高校の“千怨札”が大ウケ。感想にも書いたけど、千円札を交番に届けるのがゴールでもありますよね。
ソニー・ムービー・ワークス上映会

※いつも購読してるメルマガによると、自転車と人がぶつかって転倒し、最悪の場合死亡するケースがあるらしい。過去に僕もおばあさんとちょっとぶつかってしまった事が一度だけあるので(「大丈夫ですよ」と言ってくれたが)、実に身につまされる話。その時の事を思い出してしまいましたよ。自賠責保険に入ったほうがいいかな…

※土曜日、与野のイオンで冷蔵ケースに入ってるのを見つけたのが、モンテールの生チョコシュークリーム。衝動買いしましたが、けっこうおいしかった。
モンテールの生チョコシュー

※以前、ソニーのMDラジカセを持ってたが(Dragon Ashの降谷君がCMに出てたやつ、と言えばわかるか?)、独立した弟に譲ったので、1年半前に買ったシャープのSD-FX100という機種を使ってました。ところが、音質は大満足なものの(1ビットですから)、FMラジオがろくに受信できない!北向きの窓側に置いているけど、ロッドアンテナを伸ばしてもダメで(場所を移せば受信できるようだが)、達郎さんの“サンデイソングブック”がまともにエアチェックできない状態。検討した挙句、与野に行った帰り、浦和のハードオフでケンウッドのMDX-G1(2001年生の中古品)を買ってきました。アンテナ伸ばさなくてもしっかりFM受信できてます。
中古で買ったケンウッドのMDラジカセ
電気屋さんで聞いた話によると、受信精度に関わるある部品がコスト削減で省かれるようになったため、他のメーカーの機種でも同じ事が起きてるらしいです(うら覚えなのでよくわからないが)。うちには他にもラジカセがあるけど、それらの機種でできる事がダメってのはどうかと。

≪関連リンク≫
*ソニー・ムービー・ワークス
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/Environment/people/community/SonyMovieWorks/
*モンテール http://www.monteur.co.jp/
posted by はるまき at 00:04| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

転換期その2:ビデオからDVDレコーダーへ

うちのビデオは'99年製のVHS(BSチャーナー内臓)でした。しかしながら最近、テープを入れても再生できずそのまま電源が切れ、次に電源を入れるとテープが出てきて切れちゃう、という事態が頻発していました。テレビのほうは、2011年に完全に地上波デジタルに移行する予定だけどまだ大丈夫なので、次壊れたら地デジチューナー内臓の薄型テレビに買い換えるつもりだと、家族が言ってました。で、ビデオのほうはいろいろネットで調べたら部品の消耗が原因らしく、それを交換すればそのまま使えるようです。しかし、薄型テレビはいつ買うかわからないし、録画をするのはほとんど自分だけだし、ビデオテープをDVDへダビングしておきたいという事もあり、3in1DVDレコーダーの購入を検討していました。

最近のDVDレコーダーはデジタルチューナー内蔵型が主流になりつつあります。しかし、地デジを見るためには別にアンテナが必要だと聞いていて、うちの父がそれを理解してるかわからないので、アナログチューナー内蔵タイプから選ぶことにしました。メーカーの候補は、パナソニック、ソニー、東芝、パイオニア、シャープ。そのうちのパナソニックはHDDの途中停止&続き再生ができず、その機能が必要なので却下。シャープは故障が多いらしく、ソニーもそれがベースだというので候補からはずれました。最終的に東芝のAK-V200とパイオニアのDVR-RT75Hで比較の末、我が家では初となるパイオニアに決めました。

新しく買ったパイオニアのDVDレコーダー

土曜日の午後、行きつけのヤマダ電機で買おうと思ってたんですが、午前中で在庫がなくなってしまい、近くのコジマへ。“お客様カード”を持ってないのでヤマダのポイント込み価格を伝えたところ、でポイント分で長期保証に加入という形で購入できました。そして日曜に接続とセットアップをしたわけですが、うちの今のTVにもBSチューナーが内蔵してあり、しかもWOWOWのデコーダーもつないであるので、その配線は複雑怪奇(笑。父が買った電気屋さんに頼んでつないでもらった)。説明書を参考に配線をしましたが、ケーブルが思いっきり余りました。でもこのケーブルをめぐって、一瞬思考停止に陥ったのも事実(笑)。

電気屋さんの配線のおかげで、テレビでも直接BS放送を見る事ができてたんですが、DVDレコーダーにしてからはTVを外部入力にし、レコーダーの電源を入れないと見られません。これを解決するには、レコーダーとTVの間にまた配線をしないといけないので、WOWOWに聞いて、ケーブルだけ送ってもらえるか聞いてみたいと思います。なお、本格的な使いこなしについてはこれからです。
posted by はるまき at 19:49| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

発泡酒の黒生

アサヒ本生クリアブラック
最近、たまに飲んでいるのが“アサヒ本生クリアブラック”(一応サッポロ派なのに…)。ロースと麦芽の香ばしさとコクがいいので、個人的にこの秋のスマッシュヒットになってます。今度サントリーから“ジョッキ生”の黒バージョンが出るという話もありますが、そっちの味はどうなんでしょうね。
posted by はるまき at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

WMPの曲データ書き換え問題

無線LANが開通してから、ネット環境は劇的なまでに快適になり、大容量の動画もストリーミングで再生できるようになりました。一方でやり始めたら止まらないタチなので、どっぷり漬かってしまう懸念も(笑)。

さて、そんな中でひとつ問題が。それはあるネットラジオをウインドウズ・メディアプレイヤー(WMP)で再生中の事。この時に“ライブラリ”をクリックしたりすると、PC内の“マイミュージック”内に溜め込んである音楽ファイルのデータが勝手に書き換えられてしまうんです。メインの再生ソフトに“iTunes”を使っているけど、そっちにまで影響が及び、一度やったら復旧に時間がかかってしまう。おまけに楽曲ライブラリが、例えばヒーリング系コンピの“feel 2”なんか“The Most Relaxing Feel”って具合で、あまり使いものになりません。

この状態はWMPの“ツール”から“オプション”を選び、“ライブラリ”タグの“ファイルのメディア情報の自動更新”欄にある“インターネットから追加情報を取得する”のチェックを外す事でこのトラブルは回避できましたが、ネットに接続した状態でこういう事がたびたび起こるのはあまり好ましくありません。現時点ではiTunesが音楽管理ソフトとしてベストですね。
posted by はるまき at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

映画『日本沈没』を見た

今日、ワーナーマイカルシネマズ浦和美園で映画『日本沈没』を見てきました。小松左京さんの有名なSF小説が原作で、1973年暮れに映画化されて大ヒットした映画のリメイクです。ぶっちゃけ僕は映画館に行かないほうで、ここ10年で映画館に行って見たのは『もののけ姫』『タイタニック』『千と千尋の神隠し』『猫の恩返し』とわずかに4本(東宝多いな)。でも去年の暮れからこの春にかけてMOVIX川口、そしてワーナーマイカルとシネコンが相次いでオープンし、ヒット作や話題作を近くで見る環境ができました。『ゲド戦記』と並んで映画館で見ておきたい作品があったのと、2館を比べてみようというのもあって“ゲド”はデジタルシネマ採用のMOVIX、そして『日本沈没』はワーナーマイカルで、という事にしたわけです。

『日本沈没』の原作を初めて知ったのは中学生の頃。図書館にあった文庫本を読んで、すごく印象に残ったのを思い出します。漫画化もされていて(リメイク版のときもそうだった)、そちらも全部じゃないけど見ました。今回、主人公の小野寺を演じたのは草なぎ剛君ですが、彼は同じ埼玉県生まれで僕がすこーし早生まれ。そして小野寺はまた、福島県会津若松の造り酒屋の息子でもあります。余談になりますが、僕の両親は子どもの頃、若松のちょっと北にある喜多方で過ごした時期があります。なのでビミョーに親近感を持ってました(笑)。前置きはこれくらいにして、見た感想を。ちなみに、郊外の大型SC内という事もあって、公開から2月が経とうとしてるのに結構お客さん入ってました。

(※ここからはネタバレが含まれますので、未見の方はご注意下さい)

*田所博士が日本が沈むまであと1年もない事を知るシーン。ここでの豊川悦司さんの演技に凄みを感じました。

*30年ほどの間に女性はずいぶん強くなったものだ。レスキュー隊員の阿部玲子(柴咲コウ)しかり、鷹森危機管理担当相(大地真央)しかり。

*なじみの深い日本各地の都市が地震や噴火、津波などで壊滅していく様は特撮との組み合わせによる大地崩壊のシーンと相まって見ごたえ十分。7月に日記でも書いたけど、駅構内の広告で一連のカットを見たのが見るきっかけと言っても過言ではないです。これを見たら『デビルマン』なんて…(おい!)

*ストーリー後半、新型爆弾で沈没を止められるかもしれないと言うことがわかり、“わだつみ6500”に乗り込んで犠牲となった結城(及川光博)に続いて小野寺が退役潜水艇“わだつみ2000”で深海に向かいます。成功して日本が海の底へ、は免れましたが、『ディープ・インパクト』や『アルマゲドン』(いずれも'98年・米)と同じパターン。原作同様全部沈めたほうが良かったかも…

*この結果、小野寺の造り酒屋がある会津地方は地震の被害ほとんどゼロ。個人的には喜んでいいのかもしれないけど、映画館を出た後複雑な気持ちになりました。

*でもこういう展開にするんだったら、新型爆弾が爆発する前に「美咲(福田麻由子)ちゃん、幸せになれよ」とセリフを言わせるなりして、小野寺のシーンを入れたほうがモアベターだと思います。結城だって最後に家族の写真見てたんだから。

…というわけで、個人的には複雑な気持ちを抱きつつも、十分楽しめたので合格点の80点をあげたいと思います。見終わったあと、1階のジャスコで非常時の持ち出し袋に入れるためのウエットティッシュやマスクなどを買って帰りました。あ、そうだ、『日本以外全部沈没』も見なくちゃ…

≪関連リンク≫
*映画公式サイト http://www.nc06.jp
*ウィキペディア http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%B2%88%E6%B2%A1
*高橋庄作酒造店(映画に出てきた会津若松の造り酒屋) http://homepage3.nifty.com/sakeshou/

≪自分のブログの関連記事≫
*『日本沈没』と『日本以外全部沈没』 http://harumaki-l.seesaa.net/article/20229990.html
*日本TI、MOVIX川口ほかで「ゲド戦記」をデジタル上映 http://harumaki-l.seesaa.net/article/21107295.html
*ようやく見た映画『デビルマン』 http://harumaki-l.seesaa.net/article/21593040.html
posted by はるまき at 23:41| Comment(0) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。